Windows10へアップグレード後、デスクトップのアイコンが動かなくなった時の解決法

Windows10へアップグレードをした後、デスクトップ画面のアイコンが動かないケースがある。原因としては大きく分けて3つ。

  • Windows10自体のバグ
  • アイコン整理ソフトとの競合
  • セキュリティソフトESETが原因

が主な原因となっている。

私の場合は、Windows7の時から使用していたデスクトップ上アイコンを整理するソフトの「Fences」が問題だったらしい。解決するにはFencesをアンインストールするしかなかった。ソフトウェアを終了しようが、再インストールしようがアイコンが動かせない状況は変わらなかったのでソフトの使用自体を諦めた状態だ。

スポンサーリンク

アイコンのキャッシュをクリアして解決

特に原因となるソフトウェアを使っていない場合でも、アイコンが動かせない状況になるようだ。Windows10にアップグレードした際に、前のOSのキャッシュが残っており何かしらのエラーが発生する現象。解決するには、アイコンのキャッシュを一度クリアにする必要がある。

適当なフォルダを開き、左のサイドバーから「PC」を選択するとCドライブのあるフォルダに移動出来る。まずは隠しファイルを表示させたいので、フォルダ上部のメニューバー「表示」をクリック。「隠しファイル」にチェックを入れる。

この状態で、

  1. Cドライブ
  2. ユーザー
  3. PCUser(自分でつけたコンピューターの名前)
  4. AppData
  5. Local

と次々にフォルダを開いていって欲しい。Localというフォルダの中に、「IconCache.db」というファイルが存在するので削除。パソコンを再起動するとキャッシュがクリアされた状態に自動でなる。

アイコンの自動整列のONOFFを試す

キャッシュクリア後、改善されなかった場合はデスクトップ画面の何もない場所を右クリックし、「表示→アイコンを自動整列」のチェックを外してからパソコンを再起動してみて欲しい。

セーフモードでパソコンを起動

それでも解決しない場合、パソコンをセーフモードで起動してみて欲しい。セーフモードでアイコンが動かせるのならば、インストールされている何かしらのソフトウェアが原因と考えたほうがいい。セーフモードでの起動方法がWindows10になり大きく変わってしまったので注意。

Windows10をセーフモードで起動する方法は、MicrosoftのWindows10ヘルプに詳細があった。ヘルプからの引用になってしまうが、

  1. キーボードの Windows ロゴ キー (Windows ロゴ キー) を押しながら I キーを押して [設定] を表示します。この操作で表示されない場合は、画面左下の [スタート] ボタンを選択して、[設定] を選択します。
  2. [保守と管理]、[回復] の順に選択します。
  3. [PC の起動をカスタマイズする] の [今すぐ再起動] を選択します。
  4. PC が再起動されたら、[オプションの選択] 画面で、[トラブルシューティング]、[高度なオプション]、[スタートアップ設定]、[再起動] の順に選択します。
  5. PC が再起動すると、オプションの一覧が表示されます。4 キーまたは F4 キーを押し、[セーフ モード] で PC をで起動します。インターネットを使用する必要がある場合は、5 キーまたは F5 キーを押して [セーフ モードとネットワーク] を選択します。

という手順だ。面倒くさくなってしまったので、手順をメモしてから行った方がいいと思う。

アイコン整理ソフトとの競合

多くの場合、アイコン整理、グループ化等を行う機能をもったソフトウェアとの競合が原因のようだ。残念ながら使用してるソフトウェアがWindows10に対応していなければ、再インストールしても同じ現象が起こってしまう。

自分の使っているソフトウェアがWindows10で動くのか、動かせないのかは「VectorのWindows10アプリケーション動作報告」を参考にするといい。自分だけアイコンを動かせない現象にあっているのか、他の人もそうなのかがハッキリする。

セキュリティソフトのESTEが原因

セキュリティソフトの「ESTE」を使っているとアイコンが動かせない状態になるらしい。ESTEのサポートにて「Windows 10 64bit 環境をご利用の際に、デスクトップなどのアイコンの設定や配置が変更される」という項があり解決済みの問題らしい。ESTEのウイルス定義を最新に更新するだけで直るみたいなので、これが原因とは考えにくいがお試しあれ。